人から大切にされるようになる、ちょっとしたコツ。

人から大切にされるようになる、ちょっとしたコツ。

今日は日曜日なので、少し日記めいたことを書いてみます。

マニキュアを塗りました。塗ったか塗らないかわからないくらいの、ヌーディーなカラーが好きで、いつもこの色です。これ見るともうホント塗る意味あんのかってくらいの色味ですよね(笑)でも、私の生っ白い手の色に合っているので、見るたびにちょこっと幸せになります。

で、これ、実は私のラッキーアクションなんです。こんなふうに、自分をイイ感じと思える状態にキープしておくと、人から大切にされるようになります。

周囲の人からどう扱われているかって、悩みの種になりがちです。

「恋人から大切にされたい」

「自分だけ周囲からザツに扱われている気がする」

そんなふうに思ったら、まずは自分を大切にしてみることをお勧めします。

大切にされたいと願っているだけでは、残念ながらなかなか実現しにくいのです。むしろ、どんどん状況が悪くなってしまったりする。でも、自分を大切にする習慣をつけると、おもしろいくらい人から大切にされるようになります。逆説的なようですけど、自分でやってみて本当に効果があるなと思ったので、書いてみました。

自分を大切にするというのは、具体的にはこんなこと。

  • 安いからとか、簡単だからではなく、美味しいと思うものを食べる
  • 自分のために美味しいものを作る
  • 適当な食器ではなく「好きだな」と思う食器でごはんを食べる
  • 「誰かのため」ではなく、「自分のため」に行動する
  • ずっとやりたかったことをやる
  • 爪や髪を、自分がいいと思う感じに整える
  • メイクをしてきれいにする
  • したかった髪型にする
  • 鏡を見て「今日も素敵だ」と思う
  • 適当な服を着ない。好きな服を着る。
  • 自分が嬉しいことをする。
  • 掃除をする
  • 花が好きなら花を飾る
  • 読みたかった本を読む
  • 好きなお店でお茶をする

ご覧のとおり、すんげええええええ簡単なこと、なんですよね。「なんだそんなことか」と思われたら恐縮です。でも、神頼みより効きますよ。

「人から大切にされたい」と切望するメンタリティになっているときって、人は意外とこうしたことができていないものです。大切にされない悲しみでいっぱいになって、ごはんも掃除も思うようにできなかったり、泣いて目がはれて「うわーとんでもないブスだなー」と自分を否定していることが多いのです。

自分でそう思っていると、人からもそのように扱われます。不思議な話ですが、そういうのって伝わるんですよね。自信家の人って、見た瞬間にわかるじゃないですか。それと同じように「私はどうでもいい人です」というオーラがにじみ出るので、周囲も無意識のうちにそう扱うというわけです。

服や食器、食事をする店も、好きだから行くならいいのですが「安いから」「適当でいいや」といった基準で選んでばかりいると、周囲から安い存在として、適当な存在として扱われます。

別にブランドものの服を着て、ネイルサロンに行って、高級レストランで食事をしろというわけではありません。もちろんそれが一番好きならやってみるといいと思いますが(笑)。たとえば私なら、好きな色のマニキュアを塗って、大好きな香りをつけて、今日はこれが着たいぞって服を来ます。んで、メイクした後に鏡を見て「今日もいい女だな!」と喜んでいる感じです。あと食事は、好きなものを作って好きな食器で「旨いなあ」と思って食べます。自分で書いてて単純で幸せなヤツだなと思いますが、まあ楽しいものですよ。

自分のことを宝物だと思って、自分がいいなと思う状態に整えて、気持ちが喜ぶことをする。そうすると、不思議と他人からも大切にされるようになります。これ、やってみると「え?なんで?なんでなんで!?」って具合にいいことがポコポコ起こったりするので、おもしろいです。

週末ですから、お休みの方は何か好きなことをしてみてもいいかもしれませんね。それで、もしいいことがあったら、しっかり喜んでおきましょう。それもまた、幸運を呼び寄せることにつながりますので。

では、よい週末を!

コメントを残す