「相性が悪い」は克服できる?

「相性が悪い」は克服できる?

大好きな人との相性が悪い、と言われると、とても悲しくなるものです。この先、続かないのかな。。。と不安に思ってしまいますよね。

もちろん、運命的には相性が悪いと言われている人でも、夫婦やカップルとして長く一緒にいる人はいます。相性が悪い=別れる/合わない/嫌われる、という意味ではありません。一番いけないのは「相性が悪いから、いつか別れるんだ」と思い込んだり、ケンカをするたびに「相性が悪いからダメなんだ」と考えてしまうこと。相性を良くするために、努力できることもたくさんあるんです。

大切なのは、「相性をきちんと理解して、対処する」ということです。

相性が悪いというのは、簡単にいえば「相手の行動が意味不明」ということです。考え方が真逆だったり、行動パターンが正反対だったり。自分の理解不能な行動を相手が取るので「ハァ?」と思ってお互いケンカになりやすいですし、合わせようと思えばストレスになります。

ことわざで「割れ鍋に綴じ蓋」というように……といったらちょっと悪意があるでしょうか、穏当にいえば「自分にないところを好きになる」ことはよくあるものです。ただ、その差がちょっとであれば「あはは!そういう考え方するんだね、おもしろい♡」ってなるんですが、差が正反対であれば「ハァ?」のほうが先に立つというわけです。

だから、占いで「相性が悪い」とあったら、それは「分かり合うのがむっちゃ大変」という意味です。絶対ダメ、ではありません。分かり合おうという意思をお互いにもって、時間をかけて相手を理解し、同じ分だけ譲り合い、相手にゆだねる気持ちが必要になるということです。はい、ハードです。精神修行みたいなものです。お手軽な恋愛を求めているのであれば、やめておいたほうがいいでしょうね。

ただ、それを乗り越えてなお「一緒にいたい」と思えるのであれば、こんなに強い絆はありません。ちょっとやそっとのことでは切れることのない、とても強い絆となります。流した涙が報われるように、傷ついた心が癒やされるように、かけがえのないものになるはずです。

私も、四柱推命でも占星術でも、相性が最も悪いという男性とお付き合いをしたことがありました。彼も相当がんばってくれたと思うのです。今では感謝しています。ただ、本当に、お互いに葛藤と自己犠牲にまみれてぐちゃぐちゃになっていたような気がします。ぶつかり合うことも多々ありました。どうしても理解してもらえず、涙を流した夜も数えきれません。きっと相手にとっても辛かったと思います。あるとき、耐えられない矛盾を突きつけられ、これ以上自分をいじめるのはやめようと、別れを選びました。

本当に愛しているのならば、頑張り抜いたのではないかと、自分を責めたこともあります。ただ、「自分と相手は違う人間なのだ。お互いに分かり合う努力が必要なのだ」と考えて努力することだけを正としてはならないと、今となっては思います。一番、尊重すべきなのは自分です。

我慢するのも大切です。相手に合わせることも大切です。でも、濁流に飲み込まれていくように、周囲を見ることもできず翻弄されるだけのような状況でも、本当に大切な自分を守れるのは、自分だけであることを覚えていてほしいなと思います。あなたは、どんなときも、選択する自由をもっています。

まあ、サンクコストにとらわれるなと言えばそれまでですが(笑)自分を助けることができるのは自分だけ。自分をいじめたら、自分がかわいそうです。

相性について私が思うのは、そんなところです。

(以下宣伝です)

この度、私のスマートフォン向け鑑定サイトがリリースしました。

無料でお試し鑑定もございますので、是非見てみてくださいね。

真木あかり公式サイト

コメントを残す